GlycoGene DataBase

JCGGDB Cross-Search JCGGDB Structure Search
|English |日本語
 |  GGDB |  LfDB |  GMDB |  GPDB |
Top  >  GGDB
Open ALL Close ALL




JCGG-STR009367 JCGG-STR031639
JCGG-STR003679 JCGG-STR031640
β3GnT8(B3GNT8)はin vitroにおいて4本鎖 N-結合型糖鎖のGalβ1-4GlcNAc非還元末端にGlcNAcを転移する活性を有している。N-アセチルラクトサミン構造[LacNAc: Galβ1-4GlcNAc]に対しては弱い活性がある。
β3GnT2(B3GNT2)とβ3GnT8とで複合体が形成され、これが4本鎖 N-結合型糖鎖に対して、さらに非常に強いポリラクトサミン合成活性を有するようになること報告されている。また、B3GNT8遺伝子の発現は正常組織に比べ大腸癌組織で有意に上昇することも知られている。
ポリ-N-アセチルラクトサミン ポリラクトサミン 4本鎖 N-結合型糖鎖

N-Acetylglucosaminyltransferase

GGDB SymbolB3GNT8
Alias    details
DesignationUDP-GlcNAc:betaGal beta-1,3-N-acetylglucosaminyltransferase 8
OrganismHomo sapiens
GeneID 374907
HGNC 24139
mRNA AB175895       (CDS)
Protein BAD86525       (CDS)
map19q13.2
EC#
CAZy
OMIM 615357   
This page does not indicate all of the enzymatic reaction, and expression of "B3GNT8".